トイレが臭い原因と対策!見落としがちなトイレの壁紙の臭いと汚れの除去

こんにちは、アルマです✨

トイレの掃除では、便器や床などはきれいにしていても、壁は気にしていなかった、なんて家庭は多いのでは?

実はトイレの壁、かなり汚れていて、ニオイの原因になることも多いんですよ!トイレ掃除していても取れないトイレの嫌なニオイの原因は”トイレの壁”にあるかもしれません。今回は、そんなトイレの壁の掃除方法を紹介します。

 

トイレの壁の黄ばみや臭いの原因

トイレの壁が汚れて黄ばんだりニオイがついたりする主な原因は、尿の飛び散りです。目には見えないほどの小さな飛び散りですが、放っておいてしまうと黄ばみやニオイの原因になってしまいます。

特に男性が立って用をたしたときは、かなりの量が飛び散っています。男の子のお子さんがいる家庭では飛び散りの量も増えるので気を付けたいですね。

トイレの黄ばみの掃除方法はこちら≫

トイレの黒ずみの掃除方法はこちら≫

 

 

トイレの壁の黒ずみの原因

トイレの壁が黄ばみではなく、黒ずみの場合は黒カビが発生しているかもしれません。トイレの壁にある黒ずみは、主に黒カビが原因です。トイレは水を使う場所なので、湿気がこもりやすいんです。トイレを流したときの水しぶきや、手を洗った際の水しぶきなども黒カビの原因になりす。特に湿気の多い時期に生えることが多いんです。

 

 

黄ばみや臭いの掃除方法

お掃除シート

ニオイもなく汚れがそれ程でもなければ、「トイレクイックル」や100均などでも売られているようなトイレ掃除用シートで拭き取るだけで大丈夫です。

汚れがこびりついたりニオイがついてしまうとなかなか落としにくいものです。お掃除シートなどで定期的に拭き取るだけで、汚れや嫌なニオイが残らないのでオススメです。汚れやニオイがこびり付いてしまう前に拭き取って頑固な汚れになるのを防ぎましょう!

クエン酸

トイレ掃除用シートでも落ちない、ニオイが残ってるなんてときはクエン酸を使って掃除しましょう。時間がたった黄ばみやニオイの原因は、尿石とアンモニアです。これらはアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸で掃除しましょう。便器を掃除しているのに臭う場合はアンモニア臭が壁紙にこびりついている可能性があります。

アルカリ性のアンモニア臭は、酸性のクエン酸を混ぜ合わせると、中和してニオイを取り除いてくれます!

クエン酸を使った掃除方法はこちら≫

クエン酸水スプレーを作る

トイレ掃除用シートでも落ちない黄ばみやニオイにはクエン酸がオススメです。

スプレー容器に、水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かしてクエン酸水スプレーを作ります。

クエン酸で壁を拭いていく

雑巾などにクエン酸水スプレーを吹きかけて壁を拭いていきます。壁の上の方はあまり汚れていないので、壁の上から下に順に拭いていきましょう。特に便器より下の部分は汚れが多い場所なので丁寧に拭くといいです。ゴシゴシと擦りすぎると壁紙が傷んでしまうので気を付けましょうね。

それでもとれない黄ばみには、メラミンスポンジで軽く擦ってあげると落ちます。メラミンスポンジで壁紙が傷つかないか、目立たないところで試してからにしましょう。

 

 

黒カビの掃除方法

黒カビといったら塩素系のカビ取り剤ですが、壁紙が漂白され色が変わってしまうこともあるので使わない方がいいです。壁にできた黒カビには、消毒用のエタノールや乳酸系のカビ取り剤がオススメです。雑巾などにエタノールスプレーをかけて拭き取りましょう。

 

 

掃除の頻度

トイレの壁はよごれていないように見えてかなりよごれています。放置してしまうと壁が黄ばんできたり、ニオイの原因になります。トイレの壁紙は週に一度のペースで拭き掃除しましょう。黄ばみや黒ずみが頑固な汚れになってしまうとなかなか汚れが取れなくなります。こまめに掃除をすることで、掃除が簡単になりますよ!

 

 

トイレの壁汚れの予防法

トイレの尿の飛び散りを抑える一番の方法は、座って用をたすことです。トイレのニオイや汚れの多くは尿の飛び散りが原因です。トイレは座ってする派の男性は6~7割だそうです。トイレは座ってするように家族で協力すれば掃除の手間も減り嫌な臭いも抑えられますよね。

黒カビを生えさせないためには、こまめな換気が必要です。天気がいい日には窓を開けて空気の入れ換えをしましょう。換気扇も回す時間を長くして、湿気がこもりにくい環境を作ってあげましょう。さらに、トイレの使用後に水を流す際、トイレの蓋は閉めていますか?トイレの蓋を閉めてから流すだけで、水を流したときの飛び散る水しぶきが壁に付くのを防ぐことができるんですよ!

 

 

トイレが下水臭い場合の原因と対処法

原因

トイレが下水臭い場合は、トイレの中に溜まっている水が不足して、下水管からニオイが上がってきている可能性があります。長期間トイレを使っていない場合、水が蒸発してしまい水が不足していることがあります。トイレの便器内に常に水が溜まっているのは、下水から異臭が上ってきてしまうのを防ぐためです。

トイレの排水管でつまりが発生している場合も、便器内の水位が下がってしまい、下水からの異臭がトイレ内に漂ってしまうことになります。

対処法

長期間家を空けていて便器の中の水位が下がってしまっている場合は、蒸発が考えられるので、水を足してあげましょう。

また、水位が下がって下水のニオイがする場合、トイレの排水管がつまってしまっていることが原因であることが多いです。トイレつまりを解消することで下水のニオイも解決することができます。ラバーカップなどを使ってつまりを解消させてあげます。重度のつまりは専門の修理業者に依頼する必要があります。

 

 

🍀まとめ

いかかでしたか?トイレで見落としがちな壁の掃除。トイレの壁には汚れがかなりついているんですよ。トイレの壁についた汚れは、放っておくと頑固な汚れや嫌なニオイの原因になるので、こまめな掃除が大事ですね!

 

 

 

 

アルマ家事代行・片付けサービス”心の余裕”つくりませんか?

あなたの時間をサポートします!


◆アルマのキャンペーン情報◆

⇒『初回お試しプランで次回もお得に|クーポンプレゼントキャンペーン!』


~ご自分でお掃除・片付けをするのはむずかしいという方へ~


ゆっくりと、ていねいに、
すっきり快適”に過ごせるように
直接アドバイスもおこなっております。

お気軽に下記よりお問い合わせください

お電話は、055-284-7100

お問合せフォームは、こちらをクリック>>