快適に生活できる!片付け・収納ワザ3アクションvol.1~片付け編~

家で快適に過ごすためには、スッキリ片づけられている部屋であることは大前提です。
片付けや収納が苦手の方でも簡単にできる“3つのアクション”をご紹介します。

 

 

片付けの3アクション~その1~
ものを減らす

片付ける前に今の状態を確認してみよう!本当にすっきり収納できますか?


家のお部屋やクローゼットなどをすっきり片付けたいなら増えてしまったものを”減らす”ことです。

片付けが苦手な方は、ものを買ってきても、片付け方が分からず、“とりあえずその辺に置いておく”人が多いと思います。

そのまま放置してまた別のものが増えていく。この繰り返しをしてしまい、片付けるのがおっくうになり手に負えない状態になってしまうのです。

お部屋の広さには限りがあるので、収納できる量は決まっているのです。
なので、もう何年も使っていないものや、これからも使わないものは思い切って処分しましょう!

いま本当に必要で使うものだけにして、新しく買ってきたものがあれば、古い物を処分するなどして、ものを増やさない習慣をつけていけるように心がけてください。

ものが片付かない理由の参考ページはこちら>>

片付ける前にするべき事の参考ページはこちら>>

 

 

 

片付けの3アクションその2
置き場所をつくる

使いたいものは使いたい場所へ


片付けをする時には、バスタオルなら洗面所や脱衣場へ。食器ならキッチンへ。洋服ならクローゼットなど、そこにあったら便利なものはその場所に収納場所を作ってください。

使いたい時にその場ですぐに手に取れる事が家事を行う上でも、生活を快適に過ごすためにも重要なポイントです。

もし、その場所では使う事のないものや、そこにあったら不自然なものは、あるべき場所へ移動させましょう!

リビングの片付けの参考ページはこちら>>

 

 

 

片付けの3アクションその3
出し入れをしやすくする

出しっぱなしが減る!


これまでに、片付けはしてもまた知らない間にごちゃごちゃの状態になっているなんて経験はありませんか?

リバウンドの原因は、ものが本来あるべき場所になく、その時はとりあえずスッキリ片付けようとしただけで使うものがバラバラになり、その後、使用した時にその場所まで戻すのが面倒だから同じことを繰り返してしまうのです。

 

 


動線は短く!



片付けアクション2でお伝えしたとおり、バスタオルなら脱衣場、食器ならキッチン、洋服ならクローゼットなど、そのモノを使う場所にきちんと収納しておけば動く距離が少ないので、置きっぱなしは減るはずです。

 

 

余裕をもたせてすっきり見せよう!



クローゼットや食器棚など収納場所は7~8割収納が見た目でもすっきりですが、一番は出し入れがとても容易に出来ます。
残りの2~3割のスペースを空けることで、新しいものが来た時にも確保するスペースがあるのです。

 

 

♣まとめ

今回は片付けが苦手な人でも“快適に生活できる片付けの3つのアクション”をお伝えしてきました。

片付けをするのが面倒な人は、基本的に片づけ方が分からない為、後回しにしてしまい、手に負えない状態になる。
そして片付けてもしっかりとした片付けが出来ていないからリバウンドしてしまう。

片付けは、散らからないようにしっかり行えば、一回で済むのです。

快適な暮らしを覚えると不快な状態には戻りたくなくなるはずです。

 

私たちアルマでは、なかなかご自分で片付けをするのは難しいという方へ、『整理収納アドバイザー』資格を持ったスタッフゆっくりと、ていねいに必要なものが必要な場所で”すっきり”と”快適”にすごせるように直接アドバイスもおこなっております。

ご相談だけでも大歓迎です!

お気軽に下記よりお問い合わせください

お電話は、055-284-7100
お問合せフォームは、こちらをクリック>>