スルスル落ちる!IHの焦げ落とし

こんにちは、アルマです。✨✨

安全でお手入れが簡単と言われるIHクッキングヒーター。

使いやすいIHクッキングヒーターですが、毎日使っているとどうしても汚れがつきやすく、お鍋の噴きこぼれなどで焦げ付いてしまったりもしますよね。実はこの汚れ、普通の洗剤で掃除してもなかなかとれない頑固なものなのです・・・。

そこで今回は、IHクッキングヒーターを身近なもの簡単できる掃除方法を紹介していきます。毎日のお掃除のご参考にして下さい。

 

焦げ付く原因

IHクッキングヒーターの焦げ付く箇所は、基本的に鍋底が場所だけなので、ドーナツ状に焦げ付きができる場合が多くなります。焦げ付きの原因は以下になります。

  • 調理中のふきこぼれ
  • 油の飛び散り
  • 鍋底が汚れた調理器具の使用

 

これらによって、IHクッキングヒーターのトッププレートが汚れた状態で鍋を使用することにより、鍋底の汚れが焼き付いてしまうのです。

IHクッキングヒーターが焦げ付かないようにするには、こまめに掃除することが重要になってきます。焦げる前に汚れを落とすということを心掛けていきましょう。

 

 

[焦げ落としの3ステップ]

毎日汚れを拭いているのに何故か少しずつ汚れが蓄積して焦げ付いてしまいませんか?身近なもの簡単に汚れを落としていきましょう。

🍀準備するもの

  • ラップまたはアルミホイル
  • クリームクレンザー
  • 布巾

 

 

1.クレンザーをかける

焦げ付きが気になる部分にクレンザーをかける。

 

 

2.こする

クレンザーをかけた部分を、丸めたラップでくるくると円を描くように焦げ付き部分にクレンザーをこすりつけていきます。あまり力をいれず、やさしくくるくるしていきましょう。焦げ付きがひどい場合は、ラップをアルミホイルに変えて試してみましょう。

 

 

3.拭き取る

最後によく濡らした布巾もしくはキッチンペーパーで拭き取れば完了です。

 

 

 

IHクッキングヒーターの掃除の注意点

IHクッキングヒーターをラップやアルミニウムで擦る際は、ゴシゴシ擦るのではなく、やさしく行いましょう。金属のたわしやスポンジのナイロン面等はトッププレートが傷つく原因になります。また、IHクッキングヒーターの汚れを取り除いても、鍋底が汚れていては、またトッププレートに焼き付いてしまい汚れる原因になってしまいます。鍋の底面の汚れも取り除きましょう。

 

IHの汚れ防止法

IHクッキングヒーターが焦げ付かないようにするには、こまめに汚れを残さないことが大切です。吹きこぼれや調理後には水拭きをし、1日の終わりにはアルカリ性洗剤で掃除するだけで焦げ付き予防になります。
IHクッキングヒーターの場合は熱を持ったまま置きっぱなしにすると、焦げ付きの原因になります。どうしても置きたい場合は熱を持っていない状態で置きましょう。
また、見落としがちなのが鍋底の汚れです。鍋底の汚れがプレートに付着する場合もあるので、鍋底を綺麗にしてから使うようにしましょう。

 

 

☘まとめ

IHクッキングヒーターの焦げ付きを放置しておくと、更に焦げが硬くなり除去が難しくなってしまいます。毎日のひと手間でキレイなIHクッキングヒーターをキープしていきましょう。それでも焦げ付いてしまった時は、特別に掃除用具を買わなくても、家庭にあるラップやアルミホイルとクレンザーで簡単にきれいになります。どのご家庭にもあるラップを使った簡単なお掃除方法なので、ぜひ皆さまも試してみてくださいね。

 

 

アルマ家事代行・片付けサービス”心の余裕”つくりませんか?

あなたの時間をサポートします!


◆アルマのキャンペーン情報◆

⇒『初回お試しプランで次回もお得に|クーポンプレゼントキャンペーン!』


~ご自分でお掃除・片付けをするのはむずかしいという方へ~


ゆっくりと、ていねいに、
すっきり快適”すごせるように
直接アドバイスもおこなっております。

お気軽に下記よりお問い合わせください

お電話は、055-284-7100

お問合せフォームは、こちらをクリック>>