収納グッズで失敗しない!収納グッズを買う前に考えること

こんにちは、アルマです✨

「最近ものが増えてきて片づかない」「しまうところが無くなってしまった」なんて人は収納グッズを買い足して、しまう場所を作ろうとしますよね。オシャレな収納記事をみて、「私も真似したい」と同じ収納グッズを買ってみたものの、サイズが合わず入らなかったなんてことも。。。

よく考えずに収納グッズを増やしてしまうと、余計に無駄なものが増えて片付かない原因に!
収納グッズを買う前に考えること、やっておくべきことを紹介します。

 

むやみに収納グッズを買わない

片付けられない人は収納グッズを増やしてしまいがちです。ものが増えて入らなくなると収納グッズを購入して片付けたと満足してしまうんです。そのうちまたものが増えてしまい、悪循環です。むやみに収納グッズを増やすのはやめましょう。

 

最初に収納グッズは買わない

最初に収納グッズを準備してしまうと、今持っているものの量に対して、大きすぎるかもしれませんし、小さすぎるかもしれませんよね。

大きすぎる収納グッズを用意して余分なスペースがたくさんできると、ものが増えたとき「ここに入れちゃえ」と結局ものが増える原因になります。小さすぎる収納グッズを用意したら入りきらないので意味がないですし、無駄なものが増えてしまいます。しまうものの大きさや量によって収納グッズも変わってくるので気を付けましょうね!

 

片付ける

基本ですが、まずは片付けましょう。収納家具や収納用品があれば、自然と片付くとは限りません。とりあえず片付けるつもりで収納していても、買ってきたその時かぎり、その場かぎりになってしまうこともあります。まずは片付けて自分がどのくらいの量をもっているのかを把握する必要があります。

 

ものを減らす

これも基本ですね。まずはものを減らしましょう!”一つ買ったら一つ減らす”ができていますか?

片付けの基本は「使うor 使わない」です。「使える」や、「いつか使える」は、ただスペースを無駄遣いするだけで結局使わないことが多いんですよね。何から減らしたらいいか分からないなんて人はものを捨てる基準を参考にしてみてください。

 

 

何を入れるかよく考える

収納グッズに何を入れたらいいか悩んでいる女性

空いてるスペースに、「ここに収納グッズがあったら片付けやすいかも!」ととりあえず収納グッズを買ってみたことありませんか?収納グッズを買ってみたものの入れたいものが入らない、仕切りが少なくて使えないなんてことがあります。

まずは、収納グッズに何を入れるのか、いくつあるのか、どんな形・大きさなのかを考える必要があります。入れるものに適した収納グッズを買うためにも、何を入れるのかをよく考えましょう。

 

 

サイズをはかる

収納グッズを買う前にしっかりとメジャーで収納したい場所をで測ってますか?「だいたいこのくらいだった」で失敗する人は多いと思います。買ってきた収納グッズが、収納したい場所に入らなかった!なんてことにならないようしっかりと測りましょう。

高さ、横幅、奥行の3か所は必ず測ってみてください。その際、扉の蝶番やクローゼットの出っ張りに注意して測りましょう。測るときはミリ単位で測ってくださいね。少しの差で引き出しが引っ掛かってしまったり、収納グッズがぴったり収まらないなんてことがないように気を付けましょう。

 

 

収納グッズを探す

イメージ

いざ選ぶというときに迷わないように、頭のなかである程度イメージを作っておきましょう。立てて置きたいとか、なるべく区別したいなどを考えておくと収納グッズも迷わず選べます。

 

使い勝手がいいもの

同じものでも自分が使いやすいと思うものには個人差がありますよね。フタがついていて中身が見えない方がいい、ワンタッチで開けられるものがいい、サッと取り出せて戻せるものがいいなど、人によって様々なので、自分にとって使い勝手がいいものを選びましょう。収納したいアイテムによっても選び方が変わってきます。収納したいものを思い浮かべ、どんなものに収納したら使い勝手がいいのかをよく考えましょう。

100均でよくありがちな「これが100円?かわいい!」の衝動買い。使い勝手を考えないと、使いにくい・出しにくいなんてことになりかねません。

 

四角いもの

収納グッズの形は四角い物がオススメです。丸い形や複雑な形の収納グッズは、無駄な空間がうまれてしまいますよね。

 

色や形を揃える

色を揃えると形がバラバラのものでも統一感があり全体的にスッキリとする効果があります。家電も白や黒が多いので、白や黒などのモノトーンを使うと家全体のバランスもいいです。特に白は値段感が出にくいのでオススメです。安価なプラスチック素材で揃えても、スッキリ整って安っぽくなりません。

同じ色であっても高さや幅が違うものばかりだと統一感がなく見た目がスッキリしません。同じ場所にいくつかの収納グッズを置くときは、同じ形のもので揃えることで統一感が出ます。

 

収納グッズのサイズ

収納グッズ自体のサイズも重要です。収納グッズによっては下の幅と上の幅がちがっていたり、取っ手がついていたりしますよね。
一番幅が大きい場所を測って、合うものを選びましょう。

 

 

🍀まとめ

いかがでしたか?収納グッズを買う前にまずは、本当に必要か、ものが多すぎじゃないか考えましょう。100均の収納グッズであっても、全て揃えてみたら意外に高くつくこともありますよね。収納グッズが無駄にならないためにも、何を入れるのか、どんなものに入れたら使い勝手がいいのかよく考えてから購入しましょうね!

 

アルマ家事代行・片付けサービス”心の余裕”つくりませんか?

あなたの時間をサポートします!


◆アルマのキャンペーン情報◆

⇒『初回お試しプランで次回もお得に|クーポンプレゼントキャンペーン!』


~ご自分でお掃除・片付けをするのはむずかしいという方へ~


ゆっくりと、ていねいに、
すっきり快適”に過ごせるように
直接アドバイスもおこなっております。

お気軽に下記よりお問い合わせください

お電話は、055-284-7100

お問合せフォームは、こちらをクリック>>